「もののべ古書店怪奇譚 1巻」主人公に付き添うシロが可愛い!~ネタバレ・感想・無料試し読み紹介~

漫画

寡黙な青年・物部正太郎が店主を務める、物部古書店。朗らかな少年・シロに古書店の手伝いをさせながら、自分は本を読みふける正太郎だったが、彼には、とある特別な古書を回収する裏の顔があり…?

もののべ古書店怪奇譚とは

寡黙な青年正太郎と可愛らしい少年シロとの、見たものを鬼にしてしまう鬼書をめぐるお話です。

古本屋の古書物部に記者の近藤が訪れた所から話は始まります。

山向こうの町で起こった残酷な手口の殺人事件が、新刊のネタになる!と取材に意気込む近藤を古本屋の主人である正太郎は軽くあしらいます。

近藤が帰った後、正太郎はシロに出かける準備をしろと言います。

鬼書絡みかもしれないからな」と・・・

鬼が書いたとされる本がある、その本に惹かれた者はたちまちその本に書かれている内容の鬼と化してしまう・・・

その鬼になった人を退治し本を回収するのが正太郎の目的なのです。

一話のネタバレ

町に着いた正太郎とシロは、町人の痛いほどの視線を浴びながら歩いていると、タロスケという犬に吠えられてしまいます。

飼い主である駐在schoolあんに助けられたシロはお礼に自分で作ったしおりをプレゼントします。

駐在さんに宿を紹介してもらい宿に行くと、宿の女将さんから年の近い女性が二人殺され、従業員が辞めてしまい忙しいと愚痴を聞いた正太郎は、小さい子供を除く働ける歳の女性がターゲットだと絞り込みます。

翌日町で聞き込みをする正太郎ですが、なかなか思うように上手くいかず思い悩んでいる所に、先月いなくなった一人息子を探し回る気のふれてしまった女性に絡まれてしまいます。

その時話しかけられた妊婦に、殺された女性二人は共に、お腹の中を引きずり出されて殺されているとの情報を得ます。

さらに歩いている途中に殺された女性の内臓が捨てられているのを発見し、その状態から狙われたのは胎児だと推理します。
そして、この町に来てから一度も子供を見ていない事に気付くのです。

さらに事件がまた起こります、今度は先ほどの妊婦が大きな口の化け物に襲われた、と。

近くに人がいた為、最悪の事態にはなりませんでしたが、現場は荒れており、駐在を呼びに行く役目を正太郎が勝手出ます。

実は現場にシロがあげたしおりが残されており、行方不明の子供が殺された事を知っており、女性から相談を受けていたため誰が妊婦かもわかる駐在が子供を愛でる鬼「童一口」だと気付いたからでした。

正体を現した鬼に立ち向かう正太郎はどうなってしまうのでしょうか・・・!

衝撃の展開が待ち受けています!

もののべ古書店怪奇譚 1巻のネタバレと感想

察しのいい方は気付いていると思いますが、正太郎自身も鬼書を読んだ鬼で、シロは正太郎を自身の食事(鬼を食べる)の為に使役する神虫という神様でした。

正太郎の鬼の時の姿と、普段は可愛いシロが本性を現したときのギャップがとてもいい!

あといつも正太郎に塩対応されている近藤がめげずに古本屋に通っているのにはほっこりします笑

1巻では4人の鬼が出てきますが、それぞれ鬼になってしまった事を悩んだりする者、それを楽しんでいる者等鬼にもいろいろあり、キャラクターが魅力的なのもこの漫画のいい所だと思います。

絵が綺麗でグロいシーンもさらっと見れてしまうのもポイント高いですね(^ワ^)

是非鬼書を巡る二人の物語を自分の目で確かめて下さい(*^ワ^*)ノ

まんが王国で「もののべ古書怪奇譚」を今すぐ無料試し読み

この漫画を無料で試し読みするには

もののべ古書店怪奇譚(1)

もののべ古書怪奇譚は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています
無料試し読みなら、会員登録しなくてもすぐ読むことが出来ます^ワ^

まんが王国で「もののべ古書怪奇譚」を今すぐ無料試し読み
サイト内で「もののべ古書怪奇譚」と検索しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました